熊本と鹿児島の旅

先日、熊本と鹿児島に3泊4日で旅行をしてきました。九州7県の中で、熊本県と鹿児島県にはこれまで一度も行ったことが無かったので、数か月前から計画をして、家族で訪問してきました。

初日は熊本に入り、熊本市内で1泊しました。ホテルに着いたのが午後2時近くだったのですが、お腹がすいていたのでホテルの近くにあるとんかつ屋さんに直行。黒豚のとんかつ、美味しかった!でも、ここで大きな過ちをおかしてしまいます。。初日の夜は熊本の郷土料理のお店に午後6時から予約をいれていたのです。.それも全部で10品からなるコースを予約していました。なんとかなるだとうと思って行ってはみたものの、コースの途中からお腹が満腹となり冷汗が。。残してはお店の人に失礼になると思い、なんとか最後の皿まで辿り着いたものの、帰りは這うようにしてホテルに戻ってきました。

翌朝は、熊本訪問時には是非行ってみたかった熊本城に訪問。天守閣は地下1階から6階までのつくりとなっており、1階は加藤時代、2階は細川時代という具合に、それぞれの時代ごとの展示が成されていました。歴史好きの私にとっては、とても興味深い展示となっており、各フロアを楽しませてもらいました。

午後は新幹線で鹿児島に移動し、鹿児島市内で1泊しました。この日の夜は、鹿児島県産の黒牛をせいろ蒸しで頂きました。これまでしゃぶしゃぶやすき焼きには馴染みがあったものの、せいろ蒸しは初めての経験だったのですが、食べてみるとこれはこれで本当に美味しかったです!

翌日は日豊本線に乗って、その日泊まる予定の温泉宿に向かいました。なんでも、このあたりの温泉は800年の歴史があるとのことで、坂本龍馬も湯治にやって来たと聞きました。.宿泊した宿の周りは何もない静かな場所で、ゆっくりと宿で過ごす一日を堪能しました。

はじめて訪れた熊本と鹿児島でしたが、ともて満足度の高い旅になりました。

前の記事

印象に残るバー